アイティーオー社員のブログ

会社行事、イベントの報告 社員の気ままな日記
QUEENのライブ行ってきました!!!!
こんにちは、本社の高田です。
タイトルにある通り、1月30日にナゴヤドームで開催された
QUEENのライブに行ってきました!!!!



フェスは経験あるんですけど、ドームライブは初めて行きました。
それも大好きなQUEENとあって、始まる前から情熱が止まらない!



開場前はコスプレイヤーの撮影会が至るところで行われて、たくさんの人で賑わっていました。
そして、肝心のライブはというと…



どーん!とこんな感じです。
ちなみに海外のアーティストは撮影OKな場合が多く、QUEENも例外ではありませんでした。



さらにどうぞ!(画質はスマホの限界です)
レーザーの演出スゴイですよね。
でも語りたいのはそこじゃないんです。
生QUEEN
生ブライアンのギター!
生ロジャーのドラム!
生アダムの歌声!
会場の雰囲気!
どれをとっても最高でした!

ブライアンがソロでLove of my lifeを歌う場面があったんですが、そこでバックスクリーンに映ったフレディとブライアンが握手するんです。
Love of my lifeを歌いながら!!
会場大号泣ですよ。もちろん自分も泣きました。

自分がQUEENにはまったのは、2018年公開の映画「ボヘミアン・ラプソディー」を観たのがきっかけです。はまってしまって劇場に4回観に行きました。
それ以来、曲もよく聴きますし、歌詞も何曲か覚えました。
そんなQUEENが目の前にいるんですから、感動です。
QUEENのことが好きでよかったです。

ありがとうQUEEN!!!!
| 社員の日常 | 18:57 | comments(0) | - |
好きなゲームについて
こんにちは
何書いても良いよと言うことだったので、自分のやってるゲームのことを書きます。

1つはスマホ向けRPGの「メギド72」です。
今年「日本ゲーム大賞・優秀賞」に選ばれました。

思考性・戦略性の高い戦闘システム
高クオリティで細部にこだわりの見られる3Dグラフィック

冒頭で主人公の村が化け物によって全滅させられるというDQ4ばりの悲劇の旅立ちを始め、老若男女 善人悪人の区別無く、一般人がよく犠牲になるハードな世界観ですが、丁寧に描かれたシナリオの先で掴む勝利は感動的です。

その他特色としてはスマホゲームでは各キャラにレアリティが付与され、レアリティが高いほどステータスやレベル上限も高く強いのが通常ですが、このゲームにはレアリティは実質無く、レベル上限を解放するには各キャラに必要なものを贈れば最終的に皆同じレベルまで育ちます。
特定の敵を倒さないと手に入らないアイテムを欲しがるのもいるので育てやすさに差はありますが。

もうすぐゲーム配信開始から2周年と言うことで、ゲーム内外で色んなイベントが企画されているので楽しみです。
特にずっと希望していたサウンドトラックが12月にようやく発売されるので買う予定です。

もう1つは11月末にPS4で発売された「十三機兵防衛圏」です。
元々このゲームの制作会社の作品が好きで良く買うので、これも前情報はほとんど仕入れず決め打ちで買いました。
タイトルの通り13体のロボットが出てきて、13人の少年少女が搭乗して侵略してくる怪獣と戦う感じです。
バトルモードとストーリーモード、そして前者2つを攻略していくともらえるポイントでキーワードを取得して、ゲーム中で事典ができあがるモードがあります。
バトルモードだと上記の通り13人を操作して敵を迎撃するんですが、なんで彼ら彼女らがロボットに乗っているのか、敵の正体目的は?といったものはストーリーをクリアしていくと分かるという結構不思議な構成です。

まだまだ序盤ですが相変わらずグラフィックは繊細で綺麗だし、多人数の視点を介して、少しずつ物語が綴られていく様子が面白いです。
| 社員の日常 | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
琵琶湖一周
こんにちは きむ兄です。
近頃めっきり寒くなってきましたね

少し前になってしまいますが、即位礼の連休を利用して友人と“ケッタマシン(中部地区での自転車の呼び方)”で琵琶湖一周、通称“ビワイチ”に行ってきました。

空が明るい間に完走できるか心配だったので、ライド時間を確保するため日の出とともにスタートしました。

琵琶湖周辺は、湖の周りだけに平坦がつづくイメージが強いのですが、実は北側が峠になっており、なめてかかると思いっきりペースダウンします(笑)

しかも当日は台風が通過した直後だったため風が強く、かなり風にあおられました。

しかし走り出してしまったら快調にペースを上げることができ気づいたら昼過ぎには完走してしまいました。

思っていたよりも、あっさり完走できてしまいましたが、改めて琵琶湖を眺めてみると、本当に自分はここを一周してきたのか??と疑いたくなるほど大きく雄大でした。

今度また春や夏にも走ってみたいと思ったライドでした。

*写真をあまり撮影してなかったので写真代わりに走行データも載せておきます。

太陽とともに道の駅出発
2.png

ビワイチ行ってきました。琵琶湖大橋にて
1.png

ビワイチ サイクリストの聖地
4.png

走行データです。1馬力超えてる😲
5.png
| 社員の日常 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
島根、鳥取へ一人旅
村瀬です。

島根、鳥取へ一人旅してきました。
途中のSAで休憩しつつ8時間かけてまずは出雲大社へ。
有名な大注連縄は本殿ではなく神楽殿(結婚式場)にあります。
また、出雲大社の参拝作法は二礼四拍手一礼なので間違えないようにしましょう。

?.jpg

?.jpg

出雲大社に参拝した後は稲佐の浜(国譲り、国引き神話の舞台)や、出雲阿国の墓を見たりしてから古代出雲歴史博物館へ。
この日はちょうど即位礼正殿の儀に伴う慶祝事業として無料で観覧できました。
本物の古代の銅鐸(国宝)は、なんだか迫力があるような気がしました。

その後宍道湖の南側を走り、少しそれて玉造温泉へ。日帰り温泉に入浴した後いよいよ松江城に行きました。
今回一番の目的がこの松江城でした。
というのも天守が国宝に指定されている城は日本に5カ所しかなくて、他は全て行ったことがあったので、これで国宝五城制覇になりました。

?.jpg

松江城のそばにある松江・堀川地ビール館へ行き、地ビールをお土産に買って一旦ホテルにチェックイン。松江駅の近くで出雲そばやシジミ汁、島根の地酒を楽しんで一日目終了です。

翌日、ホテルで朝のニュースを見ていると、出雲大社で即位礼をお祝いする記帳所があったとのこと。前日気づかなかったことを悔やみながら、記帳したいのでもう一度出雲大社へ。
社務所で記帳を済ませ、予定は変わったけど鳥取へ。

まず白兎神社へ行きました。因幡の白兎を祀る神社で出雲大社=大国主命とも縁があります。すぐそばの道の駅では実際に白いうさぎが飼われていました。

その後は鳥取砂丘へ。
すごく広くてとてもすべては回れません。というか砂ばっかりで途中で飽きます。
意外だったのは、植物が生えているところもあるし、一部では水が溜まっているところもありました。
ベタですがラクダに乗りました。これも意外と臭くないし、コブとコブの間はフィット感と安定感が素晴らしい。

?.jpg

その後は梨ソフトクリームを食べて、お土産買って帰りました。
充実した休日を過ごせました。
| 社員の日常 | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本一長いトライアスロン大会への挑戦
栃木県のメーカーに出向している古川です。
早いもので栃木に来て5年目になります。
休日は登山やサイクリングなどの色々な運動をしながら自然を満喫しています。

今日は、大学の頃から目標にしていたトライアスロンのロングタイプの大会に出場した話をします。運動嫌いな方は面白くないかもしれません。

大会の出場資格を得るために去年から実績を作って、万全の状態で大会に臨めるように、長期計画を立てて練習しました。

職場には幸いにも従業員が無料で利用できるプールがあり、気軽にスイムの練習ができます。

偶々だと思っていますが、今の職場に配属して下さった会社の人事に大変感謝しています(笑)

練習時間は休日だけでは足りないので、平日の仕事後に泳いでその直後にエアロバイクを漕いだり、エアロバイクを漕いだ直後にランニングをしたり、時間を細かく区切って練習をしました。

仕事で疲れた日には、あえてキツい練習をしたりして精神力も鍛えました。ピンチはチャンス?の精神です(笑)

そんな感じで迎えた今月は、新潟県で毎年開催されている佐渡島国際トライアスロン(astroman race=宇宙人レース)という日本一長いトライアスロンに挑戦してきました。

1.png

swim:4km/bike:190km/run:42.2km
3種目とも距離が最大級に長いレースです。

2.png

結果から言うと、なんとか完走できました。
〈結果〉
14時間57分 完走
(制限時間15時間30分)

大会の結果は、当日までの準備でほとんど決まると思っています。

体もベストコンディションで臨めたので不安があったとすれば、食事するのが遅い自分が運動量を上回るカロリーを摂取し続けられるかどうかでした。

補給ポイントではおにぎりや果物などを積極的に摂り、走っている時はポケットに常にバナナを入れていたことが功を奏したのか、ほとんどエネルギー切れを起こすことなく走りきれました。

3.png

4.png

5.png

大会中は物凄くつらい場面が沢山あったはずですが、終わってみれば島の景色がとても綺麗で楽しかった記憶しかないです。(笑)

当初の目標は完走だったのですが、不思議なことにゴールラインが目に入った時はそこがスタートラインに見えました。

まだ完走しただけなので、更なる高みを目指していきたいと思います。(仕事に支障をきたさない程度に)

マニアックな話ですみませんでした。


| 社員の日常 | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
栃木での山活
中村です。
私が栃木にきて8ヶ月私が大好きな登山について書きたいと思います。
栃木県は日光、那須といい山があり登山にはとてもいい環境です。
私が登頂した山を紹介していきます!

赤薙山(2010m)
ここは今まで行った山の中で一番登山口にある休憩所がきれいで序盤はきれいに整備された1000段の階段その後高原?森林と変わりゆく景色がとても楽しい山でした。
ついでに女峰山まで縦走しようかとおもいましたがGW後にも関わらず雪が残っており断念近いうちにリベンジしたいです!

1.png
(赤薙山の高原部)

2.png
(赤薙山〜女峰山分岐の積雪)

栃木ではないですが富士山(3776m)
流石は日本一高い山3000mから上は明らかに心拍数が上がり高山病に怯えながら行ったのですが一緒に行った2名共に何事もなく登りきれました。
意外と知られてないのが富士山頂の寒さ山頂付近になると皆真冬の服装をしています。特に御来光を目指している場合はしっかりと防寒の準備をして行ってください。

3.png
(道の駅須走にて)

4.png
(富士山頂御来光)

富士山の翌々日に行った男体山
あいにくの雨+急勾配の岩場なんだかんだで富士山より疲れました...
ただ、山頂で冷えた身体に暖かいスープは今までの山ご飯の中で1番身体にしみ美味しかったです!

5.png
(男体山岩場)

最後に最近のお気に入りの古賀志山(583m)
標高、登頂時間ともに低い山ですがコースが複数ありトレーニングに最適!
また、家から登山口まで30分ととても近く行きやすいです。

他にも初めて行った鳴虫山、備前楯山、那須岳(茶臼岳、朝日岳)等いい山が沢山ありました。
まだ、ほんの一部しか行っていないためこれから徐々に開拓していきたいと思います。

6.png

追伸
最初は登山なんてきついだけでなぜやるのだろうと思っていた私ですが登頂の達成感や川のせせらぎ、虫の声等がやみつきになり行ってないとそわそわするくらいです。
また体重が順調に減ってきており健康面でもプラスになっていると思います。
運動したい方、健康が心配な方は是非野外活動部にご参加ください。
(東海圏でも比嘉を中心に行っております)
| 社員の日常 | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
TGS2019
本社請負の石新です。
東京ゲームショウ2019(以下、TGS2019)に参加してきました!

TGS2019がわからない人のために簡単に説明すると、国内最大級のゲーム見本市。TGSはアメリカの「E3」、ドイツの「Gamescom」と並び「世界3大ゲームショウ」として世界中からも注目される一大イベントです。

2019年度は、9月12日(木)から15日(日)までの4日間開催されていました。前半2日はビジネスデイ。後半2日は一般公開日となっていて、9月14日(土)の一般公開日1日目に参加しました。

一緒に行ったメンバーは、内川くんと佐伯さん、佐伯さんの友人4人です。

愛知から車で約5時間。佐伯さんの運転で移動しました。
金曜日の夜出発し、幕張メッセ近くの漫画喫茶で仮眠をとってからTGS2019に参加!



朝9時ごろから並び始めて、約1時間くらい待ち入場。
人が多い... 待ち時間が長い...

会場内の様子はこんな感じ

2.jpg

4.jpg

各ブースごとにゲームの世界観を表現していて、見て回るだけでも十分楽しめます。

3.jpg

今年は運よく試遊することも出来ました。ゲームタイトルは「ペルソナ5 ザ・ロイヤル」詳しくは書きませんが、知っている人は知っているシリーズです。

発売前のゲームを楽しめるのもTGSの魅力の一つだと思います。
他にも試遊したいタイトルはいくつかありましたが、整理券が無かったり、抽選が外れたりとダメでした。

DQやFF,MHなどのメジャータイトルは早朝から並ばないとダメとか... そこまでしてやりたいとは思わないので、その辺のメジャータイトルは発売日まで待機。

試遊後は、ファルコムjdkバンドのライブステージを楽しみ、夕方まで会場内を散策していました。

5.jpg

TGSはゲーム以外にも関連商品も多く出展していて、何これ?と思うものもたまにあります。
今年だとこれ。

6.jpg

7.jpg

電子部品用の金型部品メーカーである竹内型材研究所が展示していた超平面メタルマウスパッド「NINJA RATMAT」シリーズ。工業製品品質で生産しているそうで,JIS1〜2級レベルの平滑度と平行度を持ち,表面処理によって極めて低い摩擦係数を実現しているようです。値段は6〜9万らしく、めっちゃ高い。

実際に見たのは内川くんだけですが、話を聞いてて面白いなと思いました。

他にもゲームワークステーションがあったりと色々展示されていました。

8.jpg

各メーカーのブースを回るのも楽しみの一つですが、このような関連商品を出しているブースも回ればもっと面白いものがあったかもしれません。

去年から参加しているTGS。今年も楽しかったです。
来年も予定があえば参加したいなと思いました。
| 社員の日常 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
ボーリング大会
皆様、いつもお世話になっております。
東海圏親睦会 会員No,5のbacchiです。

3/9に毎年恒例の親睦会行事
ITOボーリング杯〜KEEP YOUR SMILING〜
を開催しました。

今年も多くの社員及び、ご家族の方々にご参加頂きました。

1.JPG


ボーリング大会当日は、天気もよく絶好のボーリング日和で、
レーンのあちこちから、ストライクを喜ぶ歓喜の声が、
沸きあがりました。

2.JPG

最後は、ボーリングのスコア順に景品のくじ引きを行い、
皆、一喜一憂して景品を獲得していきました。

3.JPG

皆様で過ごしたボーリング大会は、素敵な思い出になりました。

4.JPG

また、今回参加頂いた皆様が、
つぎも、楽しんでもらえるよう、次回も頑張ります。
おつかれさまでした!!
| 社員の日常 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
掛川花鳥園
どーも、静岡地区に出向中の田中です。
※ちなみに同じ職場には田中が2人いますがアルテッツァに乗っている田中です。

入社して3年以上経ちますが一度もブログを書いていませんでしたので、今回は喜んで書かせていただきます。

さて、出向先が静岡ということで代表して、静岡の観光地の一つを紹介します。
今回は掛川にあるCMで同じみ花や鳥と触れ合える掛川花鳥園に行ってきました。
私が行ったのが正月休みだったこともあり、入口に愛らしい猪の門松が飾られていました。

1.png

入園してすぐ、温室内に色鮮やかな数種類の花が吊るされ思わずシャッターを切りました。
2枚目は一見、ん?ゲジ…毛虫!?と焦りましたがよく見ると名の知れぬ赤々とした毛むくじゃらな花のようでした。

2.png

3.png

掛川花鳥園の顔といえばこのオオハシとハシビロコウです。
鋭い嘴が特徴の子です。餌を与えている写真を載せたかったのですが、餌付けに夢中だった為取り忘れてしまいました…

4.png

キモ可愛い…「動かない鳥」で有名なハシビロコウです。(私が行った時は突然羽ばたいていましたが…)
写真では分かりにくいですが体調が約1m弱あり威圧感がありました。怪鳥ですね。

5.png

写真があり過ぎて厳選に困りましたが、可愛らしい梟たちの様子をご覧下さい。
夜行性で基本昼間に動くことはありませんがこの子らのリラックスした可愛い様子を見て目の保養になり且つ、癒されました。

6.png

顔が見えるでしょうか?

7.png

8.png

他にも鷹のバードショーのイベントやペンギンを散歩出来たり様々な体験が出来るということで1日は盛り過ぎですが、半日は花や鳥を見たり、カメラが趣味の人や家族で来たり個人的には観光にオススメなスポットです。
今回は掛川花鳥園を紹介させていただきましたが、引き続き調査を続けていきたいと思います。
それでは次のブログまでごきげんよう。

| 社員の日常 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
出向先の社員旅行(岐阜県恵那市岩村町)
こんにちは

鈴鹿地区に出向している 天野です。

3回目のブログ記事になります。

今回は、出向先の社員旅行に参加し

岐阜県恵那市岩村町の古民家の町並みと岩村城跡を見に行ったので

それについて書きたいと思います。

岩村町の町並みは『半分、青い。』のロケ地としても使われたそうで情緒ある町並みでした。

ついた時間が早く開いてない店もあり、とりあえず城跡向うことに・・・

写真?.jpg

古民家の町並みを抜けて右に曲がると

立派な櫓と門が見えてきて『もう着いたのか!』と出向先の若手社員と騒いでいたら

城跡あと1kmの看板が・・・

この櫓は一体・・・?

写真?.jpg

どうも太鼓櫓と呼ばれる見張り台のようで近くには資料館があり

本丸までの道はここからだったみたいです。(T_T)

案内看板の指示通り進むと石畳の坂道となり

最初のうちは、意気揚々と進みましたが

写真?.jpg

先に行くにつれて斜度がきつくなって全行程の1/3行ったところで

さすがに自分は休憩を入れました。

しかし、同行してた若い子たちは体力もあり先へ行ってしまい・・・

この時、運動不足と自分の『脂肪』を呪いました・・・

写真?.jpg

別れた直後をカメラがとられていたらしく

題名は『決別』だそうです。(笑)


それからもう一回休憩を入れてつつ頂上の本丸跡に到着

建物等はなく石垣だけが残る城跡でしたが

苦労して登りきった為、達成感がありました。

岩村城は岐阜県恵那市岩村町にあり日本三大山城の一つに数えられるそうです。

歴史的な背景は割愛しますが、織田信長の叔母が城主をしていたとか・・・

写真?.jpg

写真?.JPG

大きな荷物を持たずに上がっただけでこれだけ疲れるのに

昔の人たちは急な山道を石垣の作る為に重い石を持って登ったのを考えると

岩村という土地が重要な拠点だったかということを想像しながら

帰路につくのでした。



ちなみに日本三大山城は

・美濃岩村城 (岐阜県岩村町)
  ・・・標高721mの全国で最も高い所にある山城だそうです。

・大和高取城(奈良県高取町)
  ・・・全国で最も比高(山頂と麓の高低差城の入口黒門から390m)がある山城だそうです。

・備中松山城 (岡山県高梁市)
  ・・・守閣が現存する山城で日本一高い所にあるそうです。

機会があれば他のところも行ってみたいところです。

おしまい。

| 社員の日常 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ カテゴリー
+ 最近のエントリー
+ 月別アーカイブ
+ リンク
+ モバイル
qrcode
+ RSS フィード
このページの先頭へ